竹を割って2~3cmぐらいにカットして、表皮をすり合わせて貼り合わせた、いわゆる竹層のランディングネットやリールシートを作ろうと思います。

でも竹を貼り合わせたのはいいけれど、バンドソーは寿命を迎え解体してしまったので竹層をカットする道具がない!

 

唯一あるのは、以前の記事でも紹介したジグソー。

関連記事

 以前、廃棄処分寸前のバンドソーを親父から譲り受け、簡易補修して使っていたが、やっぱり寿命には勝てない。 

  ホームセンターで安[…]

 

ジグソーでは綺麗に切れないかもしれないし、衝撃でせっかく貼り合わせた竹が取れてしまうかも。

 

バンドソーは高いしなぁ…

そこで卓上糸鋸盤(コッピングソー)を買おうか検討してました。

 

 

でも卓上糸鋸盤って構造がシンプルなので自作出来そう?

 

 

で、ホームセンターで適当な材料を購入してきました。その他は自宅にある廃材などを使って作ります。

 

 

 

 

 

 

見ての通り、歯は挟んだだけ。

 

 

 

ボルト先端を縦に半分カットしてステーを二枚取り付けて歯を挟んでいます。

 

 

 

壊れて解体した扇風機のモーターを再利用します。

 

 

 

 

ピンボケですいません(;^_^A

 

 

 

 

 

 

 

扇風機の基盤もそのまま再利用してモーターを動かします。

基盤の中で四角に黒丸の物(四か所)がスイッチや弱中強のボタン類。

 

 

 

 

とりあえずこんな感じにはなりましたが、この画像から色々と改良して完成し動作確認も問題なし。

Instagramに動画を載せてあるので宜しければ見てください。

ただ、実際に竹層をカットしてみると…
ぱ、パワー不足(泣)
歯は動いているのに、ほとんど切れません。
SK11 卓上糸鋸盤 フトコロ 400mm テーブル 250×410mm
4

木工の細かい曲線切断、細工切断に最適。
50mmまでの木材の曲線切断、円切り作業。
振動や騒音が少ない設計。
エアーブロー機能付きで、スミ線が見やすく、テーブルが45度傾斜するため、斜めの切断もできる。
フトコロ寸法400mm、糸鋸刃の取り付け方向を変えることで、横方向から木材を入れられるため、長尺の木材の切断もできる。
木材の跳ね上がりを抑えるプッシャー付で、集塵機接続口に、お手持ちの集塵機を接続すれば、粉塵の少ない快適な切断作業ができる。
糸鋸刃は、両端にピンのついたピンエンドタイプが使える。
付属のアダプター2個を使うことで、ピン無し糸鋸刃も使用できる。
取り付け時に便利なゲージ付き。

ここまで苦労して作ったのに肝心の竹層が切れないのでは意味がない。
軟材やベニヤ板ぐらいなら切れるだろうけど、硬い木材でも切れる物が欲しいの!
と言う事で、諦めて卓上糸鋸盤を買いますよ…
最新情報をチェック!
スポンサーリンク
>【無料】 掲載店募集! 

【無料】 掲載店募集! 

地域活性化への取り組みの一環として当サイトにてお店や施設等を紹介して欲しい方を募集しています。 お店の商品、メニューを紹介したい、集客効果を高めたい、商店街に活気を取り戻したい等々、どんな内容でもOKです! メールにてご相談の上、直接、取材(愛知、岐阜県の日曜日のみ)に伺います。 その他の都道府県の方は資料等の送付やメールのやり取り等で紹介記事を作成致します。(交通費、広告料、諸経費等すべて無料)  お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG