私的ピーコックフライ 【Tying Tips】

 

いつ何の為に買ったのか?

何に使ったのかも覚えていない配線が部屋の片隅に眠っていました。

 

 

う~む。 何かに使えないかな。

 

 

 

 

 

表皮を剥いでこの中の銅線を取り出しました。

 

 

 

 

 

極細の銅線でタイイング。DRY FLYとして使うには少し太いかも。沈みやすいかな…

 

 

 

前回の記事でピーコック一辺倒だから今年はこっちのフライを多用するって書いておきながら、テレストリアル巻いてます(笑)

 

 

 

 

さて、僕が良く使うピーコックフライの1つ。

私的P玉フライ」も紹介。


 

 

 

まずは少量のダビング材を巻きます。これは備前さんが紹介していたプチ技。

釣りで使っているうちにポストが動いてしまう事があるけど、少量のダビング材の上にポストを巻きとめるだけと言う、たったこれだけの事でパラシュートフライのポストがしっかり固定出来る。

 

 

ポストを固定したらフライの回転防止の為、ポストをやや前傾に倒してポストの後ろ側の付け根にスレッドを何回か巻きポストが後ろに倒れない様にします。

 

 

 

 

ピーコックを2本だけ取り付けてスレッドに依りつけます。

 

 

 

 

 

 

 

それを更に、これでもかってぐらい依ってフック側に隙間を詰めていき、たった2本のピーコックがモールの様な状態になったらボディに巻きます。

 

 

 

 

ボリュームある玉のボディ。

ポストの前側にはほとんど巻きません。基本的に後ろ側に多めに巻く事でポストが後方に倒れるのを防いでます。

 

 

 

あとはハックルを巻いて、ポストをカット。

完成!

 

簡単、シンプル、よく釣れる。

 

 

 

最新情報をチェック!
>【無料】 掲載店募集!(愛知、岐阜限定) 

【無料】 掲載店募集!(愛知、岐阜限定) 

地域活性化への取り組みの一環として当サイトにてお店や施設等を紹介して欲しい方を募集しています。 お店の商品、メニューを紹介したい、集客効果を高めたい、商店街に活気を取り戻したい等々、どんな内容でもOK! 交通費、広告料、諸経費等すべて無料です。 メールにてご相談の上、直接、取材(日曜日のみ)に伺います。        

CTR IMG