これまで製作したバンブーロッド

確か2017年ごろから真竹を割って曲り直し、荒削り、バインディングして束ねた状態の物がロッド三本分、出来ていたけどプレーニングフォームがなくて作業中断していた。

(荒削りは木製の簡易ラフプレーニングフォームで削りました。)

 

その後、鋼材を購入して苦労しながらもプレーニングフォームを作り、荒削り状態で放置してあった竹片の仕上げ削りを開始。

 

 

 

記念すべき第一作目

paul youngのmidgeを参考。

6ft3in #3  2pc バンブーフェルール 

ほぼフルホローで肉厚も限界ギリギリ。

案の定、完成してキャスティングテスト中、遠投をしようと負荷を掛けたらバキッっと折れました。

魚を一匹も釣ることなく終了。

 

 

 

 

 

 

第二作目

paul youngのperfectionistを参考。

7ft7in #3   4pc   バンブーフェルール

 

縞々に焼きを入れ、ッピングもグリーンをベースにレッドのフルトリム。

 

このロッドもガイドを仮止めしてキャスティングテストしたらバキッと折れた。

スカーフィングで繋ぎ、何とか完成させて実釣へ行ったが、開始早々にフライへ反応した岩魚へ合わせをしたら、修理した箇所からバキッ!

 

このロッドも魚を釣ることなく終了。

 

 

 

 

第三作目

Leonard 38Hを参考。

7ft7in #3 4pc バンブーフェルール

 

当ホームページのtop画像でも掲載されているロッド。

いきなりの実釣で尺岩魚を釣る事が出来た縁起の良いロッド。

 

ただ、フェルールのフィッティングが微妙?緩みやすくて釣りに集中出来ない。

それにアクションも時折、腰砕けの様な感じでイマイチ。

 

 

第四作目

paul young midgeをややミディアムアクション寄りのテーパーにした。

7ft  #3  4pc   バンブーフェルール

 

 

 

 

バンブーフェルールをシルクのスレッドで全巻き補強してはあるけど、やはりシルクでは強度不足。

使っている内にフェルールが緩みやすくなってきた。

 

 

 

 

第五作目

garrisonの201を参考。

7ft3in #3  4pc  バンブーフェルール

 

 

グリップは籐巻き。

今回は初めて、バンブーフェルールを別製作してから後付けにしてみたが、やはりフェルールがゴツくなる。

 

 

 

 

仕事や家庭の事情で中々、製作ペースが上がらないけど、何とかこれまで五本製作。

全てバンブーフェルールで作ってきたが、やはりどのロッドもバンブーフェルールに問題がある。

 

でも本日とあるアイデアを浮かんだので、いつか旋盤を購入したら作ってみようと思います。

 

史上初の画期的なフェルールが出来るかな?(笑)

 

 

最新情報をチェック!
>【無料】 掲載店募集!(愛知、岐阜限定) 

【無料】 掲載店募集!(愛知、岐阜限定) 

地域活性化への取り組みの一環として当サイトにてお店や施設等を紹介して欲しい方を募集しています。 お店の商品、メニューを紹介したい、集客効果を高めたい、商店街に活気を取り戻したい等々、どんな内容でもOK! 交通費、広告料、諸経費等すべて無料です。 メールにてご相談の上、直接、取材(日曜日のみ)に伺います。        

CTR IMG