漆黒竹竿製作

 

前作のロッドでは竹の表面をかなり真っ黒にしてみたけど、ティップとバットの焼き色が合わず残念な結果に…

 

 

前作の失敗を踏まえ次も同様に真っ黒にフレーミングを施しました。

 

 

竹の表面にはパワーファイバーと言われる竿として一番大事な部分がある。

焼き入れをする事により適度なハリを出すのだけど、ここまで真っ黒に焼いてしまうと肝心のパワーファイバーが炭になる?折れやすくなるのかもしれない。

なので普通はここまでやらない。

 

 

でも過去に某プロビルダーさんが一本作っているんだよね。

 

教科書通りに作っていたら新しい扉は開かないかもしれない。

 

 

常識は非常識によって覆される。 失敗を恐れず非常識な事をやってみる事も大事。

 

 

試作ロッドなので失敗してなんぼ。

タブーに挑むべし。

その先に、きっと何かが見えてくる。ハズ

 

ヒートガンで曲げ直しをして荒削り

 

 

 

白光 ハッコー
ヒーティングガン 883B

 

 

 

 

 

 

見ての通り表皮は真っ黒にフレーミング処理済です。

 

 

ほぼ炭かも…(笑)

 

 

 

 

でも折れてもOK!

 

それでこそ試作の意味がある。

 

 

プレーニングフォームのテーパー調整

 

 

 

デプスゲージを確認しながらプレーニングフォームを開閉させてテーパーを調整。

 

ちなみにデプスゲージは以下の三点を購入して使ってます。

 

ミツトヨ(mitutoyo)
ダイヤルデプスゲージ 7224

 

ミツトヨ(mitutoyo)
コニカル測定子

 

ミツトヨ(mitutoyo)
継足ロッド

 

60度の測定子を付けた分、継足ロッドで延長しないとデプスゲージが使えないので購入の際は注意が必要です。

 

 

確か10mmの継足ロッドを購入したと思うけど、アマゾンは15mmが最短かな。まぁ、15mmでも問題なく使えると思うけど。

 

 

 

コロナの影響で今年はまだ釣りにも行ってません。年券すら準備してないし…

緊急事態宣言解除って言ってもまだまだ不安。県をまたぐ移動を控えましょう。

もう少し辛抱です。

釣りに行けない分、休日にボチボチ仕上げ削りでもしていきましょうかね。

 

家にいても飽きないほど懐の深~い趣味。

フライフィッシングをやっているおかげで暇とは無縁(笑)

 

にほんブログ村にランキング参加してます。いいね!と思ったらクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

にほんブログ村

最後までお読み頂きありがとうございます。
その他の記事も合わせてお読み下さい。



最新情報をチェック!
>【無料】 掲載店募集! 

【無料】 掲載店募集! 

地域活性化への取り組みの一環として当サイトにてお店や施設等を紹介して欲しい方を募集しています。 お店の商品、メニューを紹介したい、集客効果を高めたい、商店街に活気を取り戻したい等々、どんな内容でもOKです! メールにてご相談の上、直接、取材(愛知、岐阜県の日曜日のみ)に伺います。 その他の都道府県の方は資料等の送付やメールのやり取り等で紹介記事を作成致します。(交通費、広告料、諸経費等すべて無料)  お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG